巻き肩の「矯正」は間違っている? - 事務系OLの巻き肩改善 ストレッチと治し方

巻き肩の「矯正」は間違っている?

巻き肩の矯正と言うとどんなイメージを思い浮かべますか?

矯正と言う言葉はよく、歯列矯正を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

そのイメージは何か道具や身につける器具を使って行うもの、と思いがちです。

でも、巻き肩をはじめとする日頃の生活習慣が原因の姿勢の悪さやそれに伴う症状は治すのに時間がかかります。

その方法も、巻き肩ではストレッチを行って胸の筋肉をほぐして、背中側の筋肉をトレーニングするというプロセスが必要になります。

ですから、何かに頼って治すという意識があると大切なストレッチやエクササイズを怠りがちになります。

はじめから巻き肩を矯正ベルトやインナーだけで治療しようとする人もいます。

でもそう言ったものはあくまで改善を補助するアイテムなのでそれだけで巻き肩を矯正できる訳ではありません。

まず、矯正と言う言葉で思い浮かべる意識を最初にかえる必要があります。

それが巻き肩を早く改善する第一歩になります。

スポンサードリンク






巻き肩改善に取り組む順番



このブログでも

巻き肩の矯正を最短期間で達成するには?

で巻き肩改善に取り組む際の順番の重要性を取り上げましたけど、

ストレッチやエクササイズに取り組んでも長続きしない場合は、

最初の入り口で「矯正」と言う言葉の持つイメージにとらわれてついついサポートグッズに頼る気持ちが強くなっていることが挙げられます。

前にも説明しましたが、巻き肩は一日や二日では治りません。

生活習慣で固定してしまった姿勢なので、巻き肩を治すためには相応の時間がかかります。

それも、人によってかなり差が出ますし、特に自分で取り組んでいる場合には結果がなかなか出ないと不安になりがちです。

巻き肩改善の順番は

@胸の筋肉をほぐすストレッチを行う

A背中、肩甲骨周りの筋肉をほぐすストレッチを行う

B肩甲骨周りの筋肉を鍛えて肩甲骨を正常な位置に戻す。

C姿勢をキープし続ける

と言う風になります。

この過程で正しい姿勢を常に意識するためにサポートグッズを使用するのです。

巻き肩改善効果を3倍にする猫背矯正ベルト

で紹介しているサポートグッズはこのためのものです。

でも、症状がひどかったり、正しい姿勢そのものがよく分からない場合は整体院に行って矯正を行ってもらうのも一つの方法です。

整体院で正しい姿勢を感じ取る



整体院でも肩甲骨を元の位置に戻し、肩を正常な位置にすることが主な治療方法です。

自分で改善に取り組む時との違いは、

整体師さんが正しい姿勢を取らせてくれること

です。

症状がひどかったり、正しい姿勢を取ろうとすると痛みを感じる場合などは一度相談してみるとよいでしょう。

一つ気を付けて欲しいのは巻き肩には普通、保険が使えない事です。

巻き肩に保険は使えない?

でも触れていますが、保険適用になるには条件を満たす必要がありますから注意してください。

人によっては巻き肩の治療は半年から一年以上かかる場合もあるので、

定期的に通うのも一つの方法です。

私は通いませんでしたが、知らず知らずの間に元に戻ってしまうのを防ぐのに効果があるそうです。

巻き肩の症状が進んでしまっている場合は有効だと思います。

治療が終わったら



自分でストレッチとエクササイズで巻き肩を改善した、

または、整体院に通って巻き肩を矯正した後も

大多数の人は巻き肩になったときの仕事環境と生活習慣を大きく変えることはできないでしょう。

パソコンの前に座り続ける仕事を変えることはできないし、スマホを使用しないで生活することは不可能です。

私も相変わらず事務系OLですしね。

せっかく巻き肩を改善してもそれを維持しなければ意味がありません。

それには毎日少しのエクササイズを欠かさないことと常に姿勢を気にする意識を忘れない事です。

巻き肩改善ストレッチ @肩甲骨周りの筋肉を鍛える
巻き肩を治すための筋トレ 少しきつめのエクササイズ

これらのエクササイズは今も続けています。

家ではきつめのエクササイズを、会社では気分転換で何も使わないエクササイズをしています。

気分転換ではストレッチだけを行う事も多いです。

巻き肩の改善はあくまで自分の意思です。

サポートグッズに頼り過ぎるとかえって改善が遅れることがあります。

矯正と言う言葉に惑わされずに巻き肩改善に取り組んでください。

スポンサードリンク







2016-06-10 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。