巻き肩の矯正を最短期間で達成するには? - 事務系OLの巻き肩改善 ストレッチと治し方

巻き肩の矯正を最短期間で達成するには?

今まで巻き肩を改善するためのストレッチや筋トレをいくつか紹介してきました。

実践している方もいると思いますが、成果は上がっているでしょうか?

最初のころは私はなかなか猫背の姿勢を強制できなかったり、パソコンの前でついついいつもの姿勢をしてしまったりしていました。

巻き肩を矯正するには人にもよりますがかなりの期間がかかります。

短期間で成果の現れる人と長い期間かかってしまう人にはそれぞれある共通点があります。

今日はその矯正する期間の違いがなぜ現れるのかについて書いてみます。

スポンサードリンク






ストレッチと筋トレどちらを重視するべきか



このブログで肩甲骨周りのストレッチと筋トレの両方を紹介していますが、行う順番に注意してください。

巻き肩の症状がどれだけ固定してしまっているかにもよるのですが、私も含めて多くの人は日頃の生活習慣で気付かないうちに巻き肩になっていると言う場合が多いと思います。

ですから巻き肩の改善のために行うのは

最初がストレッチ、次に筋トレの順番です。

◆ストレッチを先に行う理由

長く体の不調に悩まされて、結果自分が巻き肩だと分かった場合は肩甲骨周りの筋肉が固くなってしまっているケースが多いのです。

そこでまず、ある程度の期間をかけてストレッチで筋肉をほぐします。

巻き肩の場合、主に肩甲骨を正常な位置に戻す筋肉を鍛えます。

肩が前に巻いた状態では胸側の筋肉が固くなり、背中側の筋肉が弱っている筈です。

また、猫背の姿勢が習慣づいてしまっている時にも同じような状態と考えられます。

この状態で肩甲骨周りの筋肉を鍛えても前側の筋肉がほぐされていないため、効果が出にくくなりますし、一度矯正されかけてもまた元に戻ってしまいます。

ですから、凝り固まっている筋肉を時間をかけて柔らかくほぐしてから巻き肩改善の筋トレをするようにしてください。

特に猫背、肩コリなどがひどい時には先ず、ある程度の期間じっくりとストレッチに専念してみてください。

ストレッチで十分に肩周りがほぐれた状態になったら筋トレに移りましょう。

今までに紹介したストレッチは

巻き肩改善ストレッチ A肩回りの筋肉をほぐす
巻き肩をストレッチポールで直す方法
巻き肩の矯正方法 タオルを使った簡単なやり方

です。

巻き肩の矯正には先ずこちらを参考にしてください。

◆筋トレと意識づけ

ある程度の期間ストレッチで肩周りを十分に柔らかくした後は筋トレに移ります。

筋トレはこのブログで

巻き肩改善ストレッチ @肩甲骨周りの筋肉を鍛える
巻き肩を治すための筋トレ 少しきつめのエクササイズ

として紹介しました。

参考にしながら取り組んでください。

ここで一つ注意してほしいのは、巻き肩の改善は筋トレの時だけではなく、仕事の時もプライベートでも意識してほしいという事です。

私もつい忘れがちになるのですが、椅子に座る時の姿勢や立ち姿などはいつもチェックしておくことをおすすめします。

ショッピングの時ならウインドーに映った姿をみたりしてください。

筋肉が硬い状態だとこれがなかなか辛くて続かないものですけれど、ストレッチで十分に柔らかくなっていればそれほど苦にならない筈です。

意識付けのために矯正インナーを着用するのも良い方法です。

効果もありますし、筋トレを持続するモチベーションを高めてくれます。

巻き肩改善に猫背矯正ベルトを使用します
猫背矯正グッズで巻き肩を改善2

なども参考にしてみてください。

ストレッチと筋トレを長く続けるには



m005-015.jpg

巻き肩が短期間で改善できることはほとんどありません。

日常の生活習慣によって巻き肩になってしまう事が多いので、矯正にもそれなりの期間が必要です。


ストレッチも筋トレもある程度長く行う事になりますから、日常の習慣にしてしまうのが一番良い方法です。

でも、新しい事を習慣にするのはなかなか大変なもの。

そこで次のことに注意して始めて見てください。

・ストレッチも筋トレも欲張らない

あまり種目を多く行わないほうが長続きします。

いくつもやらなければ、というプレッシャーになってしまうと途中で嫌になってしまいます。

やりやすいものや無理のないものを一つやることから始めましょう。

・長時間やらない

そして時間も10分、長くても15分くらいにしましょう。

はじめはついついがんばってしまい、後が続かないという事になりがちなので日常に無理なく続けられるようにしてください。

巻き肩を矯正しやすい人、しにくい人



もうお分かりになると思いますが、巻き肩を短期間で矯正するのに必要なことは

・ストレッチ⇒筋トレの順で改善をおこなう
・頑張りすぎず、毎日おこなう

ことです。

もちろん巻き肩の程度や猫背、ストレートネックなどにもなっているなど個人差がありますけど、この二つが出来ていれば確実に良い方向に向かうはずです。

巻き肩に限らず、姿勢の矯正には普通は3か月から半年くらいかかるのが普通です。

私は最初に筋トレから入ってしまって遠回りしてしまいました。

巻き肩がなかなか改善しない、と言う人はもう一度ストレッチと筋トレのやり方を見直してみてください。

スポンサードリンク








2016-03-28 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。