巻き肩に保険は使えない? - 事務系OLの巻き肩改善 ストレッチと治し方

巻き肩に保険は使えない?

巻き肩の症状がひどくなる、
自分では今一つ判断できない、
というとき皆さんはどうしますか?

多くの方は整体院にいって体のゆがみを見てもらったり矯正してもらったりするでしょう。

しかし、整体院では保険が使えない事をご存知でしょうか?

スポンサードリンク





なぜ保険が使えない?


整体院では「保険対応」と書かれているところも多いですが、診察を受ける前に確認が必要です。
保険対応の整体院や接骨院でも巻き肩の矯正や施術に保険は使えないのが普通です。

なぜなら巻き肩は「整体」部類に入るためです。

整体、姿勢矯正は保険の適用外で、もし適用すると違法となり処罰の対象となります。

また整体院では捻挫・打撲・挫傷・骨折・脱臼の応急処置にしか保険の適用が無いので、巻き肩以外で訪れる時も診察の前に確認した方がよいでしょう。

巻き肩によって起こる症状緩和のためには使える事もある。


巻き肩の矯正治療そのものは適用外ですが、これが原因となって生じる痛みの治療には適用される事があります。

適用される症状は頚腕症候群と言われる症状です。
これは重度の肩こり・首・肩の痛み・手指のしびれのことです。

ただしこれは整体院で行うものではなく鍼灸院で行う治療です。

頚腕症候群に対しては、医師の同意書があればはり・きゅうの保険治療が可能になります。

ただこれも根本的な解決ではなく、巻き肩による症状の緩和ですから、ひどくなる前にストレッチやエクササイズを習慣づけて行くことが重要と言えます。

参考記事
巻き肩改善のためのお手軽アイテム
巻き肩改善ストレッチ 筋肉をほぐす
巻き肩をチェック簡単な方法
巻き肩とバストアップ法

スポンサードリンク





2014-12-06 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。