巻き肩になる3つの原因 - 事務系OLの巻き肩改善 ストレッチと治し方

巻き肩になる3つの原因

028.jpg
巻き肩になってしまう原因、それは日常生活と密接な関係があります。

先ず肩が前に出てしまう、巻きこんでしまう姿勢に問題があるのです。

スポンサードリンク





巻き肩の原因になりやすい3つの習慣

@PCでの作業時間が長い。

PCでキーを打つ姿勢、背筋を伸ばせば問題なさそうですが、腕を体につけて手のひらを下向きにする姿勢は肩の関節を内側に巻き込んでいる状態です。
腕のポジションとして内側に回した状態で長時間作業することは本来不自然な位置です。

自分が巻き型かどうかのチェックの時「鏡に手の甲が映る」と言うのがあったのを思い出してください。
強制的に腕を内側に回した状態を続ける姿勢は巻き肩になりやすいというわけです。

Aいつも横向きの姿勢で眠る。

仰向けが寝る時の自然な姿勢ですが、体を横にすると構造上、肩が前面内側に回り込みやすいのです。特に圧迫されている下側が巻き肩になりやすいです。

B普段から姿勢が悪い(猫背である)

猫背は背中の筋肉を衰えさせて老化を早める原因にもなります。

猫背になり、肩が前に行くと自然と関節を内側に巻き込んだ姿勢になります。
習慣づいてしまうと治すのが難しくなります。

この姿勢は特に肩甲骨を寄せる筋肉が衰えて行くので、肩甲骨は背骨から離れ、腕が前に行ってしまいます。


上に挙げた三つに思い当たったら即、巻き型のチェックをしてみてください。

まだ、巻き肩になっていない人もこれを意識しながら生活することで巻き肩を予防できます。


巻き肩は放っておくと体に悪影響を及ぼします。

体は色々な症状でわたしたちに警告してくれるのでサインを見逃さないようにしましょう。

次回は巻き肩が原因となる体の不調についてです。

巻き肩改善効果を3倍にする猫背矯正ベルト

スポンサードリンク





巻き肩の原因カテゴリの最新記事
2014-10-14 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。