事務系OLの巻き肩改善 ストレッチと治し方

-  |  次の1件 »

巻き肩を治すストレッチ テレビで紹介された軽めの方法

巻き肩を治すためのストレッチはこのブログでもいろいろ紹介してきましたが、皆さん効果はありましたか?

テレビでも最近は巻き肩について扱われることも多く、ストレッチ方法も様々紹介されていますね。

今回はその中でも行いやすく取り組むもの簡単なストレッチを紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク






ストレッチと筋トレの関係



まず初めにストレッチと筋トレの関係についておさらいします。

巻き肩の改善には筋肉をほぐすストレッチと筋肉を鍛える筋トレの二通りの方法が紹介されますが、

行う順番を間違えると改善が遅れることがあります。

なぜそうなるかの詳しい理由と関係する筋肉については

巻き肩改善のストレッチ 正しい順番で行う事が重要!!

説明していますのでご一読お願いします。

改善のスピードが速まって効果が早く出ます。

ここでも簡単に説明すると

ストレッチをはじめに十分に行ってから筋トレを始めること

が大切になります。

今回紹介するストレッチは小胸筋という普段意識しにくい筋肉がポイントになるので先ほどの記事で位置を確認しておくとわかりやすいと思いますよ。

ストレッチで十分に筋肉をほぐしておかないと、

緊張状態にある前側の筋肉、小胸筋に対して背中側の筋肉を鍛えて引っ張ってしまうことになるので、

痛みをともなったり辛くなって途中で挫折してしまうことがあります。

本格的な筋トレで姿勢を改善する準備段階がストレッチですから、しっかりとやっておきましょう。

今回のものはそのストレッチの中でもやりやすくて簡単に出来るものなのでぜひ取り組んでみてください。

では早速紹介します。

腕ぷら体操 小胸筋をリラックスさせる



腕ぷら体操は小胸筋をリラックスさせる方法の一つです。

伸ばしたりすることもなく、体にストレスがかからない方法なので特に痛みがある場合にはお勧めの方法です。

◆やり方

@鏡の前に立って、掌が見えるように腕を下げます。

力を抜いて自然な感じで下しておきます。

A背中が丸まらないように視線をすこし上向きにして、片方の手を頬に軽く当てます。

Bその姿勢で鼻でゆっくりと呼吸します。

同時に下げている方の腕をプラプラとさせます。

C左右、30秒づつ行って1セットとします。


これを1日に3セットを目安に行ってください。

悪い姿勢にならなければ椅子に座ってやっても構いません。


人の自然な手の位置は下げた時に掌が正面に向く状態です。

このストレッチで前かがみになって緊張状態にある小胸筋をほぐして正しい姿勢への改善がしやすくなります。

次は呼吸も改善するストレッチ方法です。

呼吸も同時に改善するストレッチ



巻き肩になっている状態では呼吸も浅くなってしまうことは

巻き肩と呼吸の関係 浅い呼吸は危険信号

で説明しましたが、それに伴う悪影響がたくさんありますね。

このストレッチは呼吸筋にも良い影響があるやり方です。

やり方はとても簡単です。

◆やり方

@ひざは軽く曲げておきます。背筋を伸ばして両手を胸の前で組んで息をゆっくりと吐きます。

A息を吐ききったら、ゆっくりと息を吸いながら手を組んだまま手を伸ばしていきます。

このときに、ボールを抱えているような感じで、胸郭を大きく膨らませます。

手を丸く組んだまま胸郭を膨らませると自然と肩甲骨が開いて背中側が膨らんでいきます。

実際に腕が伸びきった状態で胸郭を膨らませると胸の側はそれ以上は膨らみません。

Bゆっくりと息を吐きながら手を胸のところまで戻します。


このストレッチを3回から10回、1日3セット行うようにします。

気を付けるのは掌はいつも自分の方に向いているようにすることです。

肩甲骨回りの筋肉もほぐす効果があるので一石二鳥ですね。

このストレッチは仕事の気分転換や気分を落ち着けたいときにもお勧めの方法です。


長い間に習慣化した悪い姿勢を改善することはすぐにはできません。

巻き肩の改善にはそれなりの時間と努力が必要です。

何でもそうですが、人の姿は生活習慣の集大成のようなものです。

決して焦らず、正しい順序で巻き肩を改善していってください。


スポンサードリンク





2017-02-11 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の1件 »
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
FX